英語伝コラム・体験談

幼児期はフラッシュカードが有効?

2019.04.18 プロ直伝!英語学習のコツ

幼児の英語教室でよく使わるのが「フラッシュカード」です。

 

フラッシュカードはカードに写真や絵、文字が描いてあるカードのことで、それを1秒に1枚のペースで親が読みながらめくって子供にどんどん見せていく使い方をします。

 

幼児の吸収力は大人の想像を超えるもので、フラッシュカードでボキャブラリーが増え、文字が読めるようになったり、脳を活性化する、とも言われています。

 

 

フラッシュカードは、0歳から5歳くらいまで毎日使って学習すると効果的と言われていますが、中学校の英語の授業などでも使われていたので、幼児期以降でも学習効果はあります。フラッシュカードの学習習慣が定着すればとてもいい学習になります。

 

 

注意点もあります。フラッシュカードを使った1回の学習は5分以内を目安に集中して行うことをお薦めします。

 

大切なのはちょっとずつ短い時間、集中して毎日行うこと。

 

 

様々なジャンルのフラッシュカードが市販されています。

 

例えば、アルファベット、色、形、英単語、生活道具、食べ物、動物、植物、昆虫、魚など海の生き物、乗り物、楽器、時計、数字、反対語、国の形と名前、日本の県と形、世界地図、国旗などなど。

 

幼児期は身近なもの、生活の中で見る、使う単語が入ったフラッシュカードがお薦めです。

 

その次に興味あるものは覚えてもらいたいフラッシュカードへと進んでいきましょう。

関連する記事

集中して学習する 【学習のコツ】集中して学習する(成果=集中力×時間×学習法)   「どのくらいの期...
英語を流暢に話すより大切なこと 【学習のコツ】話す中身をしっかりと   あなたもネイティブのように英語をしゃべりた...
英単語・熟語を覚える 【学習のコツ】ネイティブ音声と一緒に、覚えたいものから   ボキャブラリーを増やす...
英語が上達した人たちの共通点 【学習のコツ】効率的な学習法で集中して学習する   「英語を話せるようになりたいけ...
ページの先頭へ