生活雑貨

ミニマムサイズと収納力を両立したスマートウォレット
CATAe 小さく薄い革財布(カタエ)

商品番号 catae-smartwallet
  • 送料無料
[ 167 ポイント進呈 ]
価格 ¥ 18,600 税込
発送(ご了承の場合チェックを入れる) (必須)
カラー

残りわずかです。

ただいま在庫がございません。

ミニマムサイズと収納力を両立したスマートウォレット


欲しいのは、自分に必要なものをコンパクトに運べる収納力ではありませんか?

CATAe(カタエ)は、キャッシュレス時代向けハイブリッド構造の小さく薄い革財布です。沢山のカードとコインを同時に収納しても、そのミニマムなデザインをキープ。パンツの前ポケットにもすっきり収まるコンパクトなサイズに、あなたの必要なすべてが持ち運べる”スマートウォレット”です。

財布ひとつで出かけよう。

タテ・ヨコ約90mmのコンパクトサイズ

薄さ14mm、重さ42gと軽量スリム

新構造「シェアポケット」で大容量をスマートに収納

収納スペースをシェアする特許構造「シェアポケット」

CATAe(カタエ)の構造は、従来の財布とは全く違います。カードを減らすとコインの収納量が増える新構造。ポケットを柔軟に変化する間仕切りでゆるやかに分けることにより、使用しないスペースを極力無くし、限られた空間を最大限に活用します。

収納スペースをシェアする仕組み「シェアポケット」は、その構造の優位性、有用性とユニークさから特許を取得しました。(2021年5月取得 特許第6879604号)

カードが多い派は1,000円分のコインを、少ない派ならその分多くのコインを収納


財布の使い方を限定しません。キャッシュレス化が進む社会に向けてカードだけ財布に入れる人も、紙幣・コイン・カードなど普通の財布の使い方をする人も快適に使えるハイブリッド構造の薄い二つ折り革財布です。


キャッシュレス派なら、コインの代わりにUSBメモリ等の小物を収納


目指したのは、すべてに人にとって使いやすいコンパクトな財布。スペースを共有する発想で、収納の自由度を高めました。

ミッションは「世界に通じる新しい財布」


福島の歴史豊かな縫製のDNAを活かし、県内に拠点を持つデザイナーと、革製品ファクトリーを起用しました。


デザインを担当したのは、プロダクトデザイナー 遠藤 知里 。100を超える試作の末に、使う人に合わせてフレキシブルに変化する 「シェアポケット」を開発しました。

中身を入れても薄さをキープ&使いやすい


CATAe(カタエ)は、余分なスペースを徹底的に削ぎ落してデザインしています。 パンツの前ポケットにもすっきり収まる約9cm角のサイズ。コシの強い芯材入りの構造なので、小銭が増えても膨らみにくく、薄さをキープします。


カードエリアには、カードを10枚まで収納


クレジットカードやポイントカードなどを、10枚まで収納できます。良く使う交通系ICカードは、札入れ側に収納。自動改札機や電子決済時に財布を開く必要がありません。


交通系ICカードもカードエリアに収納するだけで、そのままタッチ利用が可能です。

入れやすい・取り出しコインエリア


コインエリアは、取り出し口が広いデザイン。見つけやすく、取り出しやすい、計算された構造です。フラップが受け皿になるので、立てたまま使ってもコインがこぼれ落ちません。


コインエリアの内部はすべり台のような構造。財布を傾けるだけでスマートに出し入れできます。

コインエリアには、カード10枚が入った状態で、充分な枚数のコイン(1000円分)を収納。カードを減らせば、空いたスペースにさらに多くのコインを収納できます。

キャッシュレス派なら、硬貨の代わりにUSBケーブルやイヤフォンなどの収納に活用できます。

紙幣やレシートを露出させない配慮


紙幣入れを簡略化すると、紙幣の枚数やレシートなど、見せたくないものまで露出してしまいます。

CATAe(カタエ)はプライバシーに配慮し、深いポケットでお札をしっかり包みました。もちろん、折らずにそのまま収納できます。


持ちかえなしで、スマートに支払い


収納スペースを内面にまとめているので、一度開けばカードもコインも紙幣も取り出せます。裏返したり、持ち変えたりする無駄な動作なしで、スマートにお支払いが完了します。


フラップには、キーポケット


コインポケットのフラップは、キーポケットを兼ねています。小さなスペースですが、鍵を収納したり、もしもの時のために紙幣を入れたりと、便利に使えます。


フル収納でも、薄さをキープ


フルに収納しても、厚みは20mm以下。パンツの前ポケットや、シャツのポケットに入れてももたつきません。


様々なシーンに合う色とデザイン


「用の美」を追求したシンプルなスクエア型。色は裏地・ステッチを含め、単色で統一されています。


イノシシ革ブラック

イノシシ革キャメル

イノシシ革ダークブラウン

イノシシ革ダークグリーン

イノシシ革レッド

製造は、材料選定から縫製までを一貫する革製品ファクトリー


製造は有限会社ラドウィック。1988年の創業以来「完全Made in Japan」にこだわり、有名ブランドの製品からOEMまで豊富な実績を持つ革製品の工房です。


「CATAe(カタエ) は、ずっと持っていたくなる、コンパクトで使い勝手の良い財布だと思います。一番苦労したのは、小ささ・薄さと収納量の両立。試作ではミリ単位で修正を繰り返しました。

周辺はヘリ返しの技術で作っていますが、これは0.2~0.3mmまで薄く漉かないと実現できません。芯材が入る部分は厚みを変えて漉き、裏地をつけるなど目に見えないところを工夫して薄さと耐久性を両立しています。」

実は、革漉きだけで20~30工程。扱いの難しいイノシシ革の加工や緻密な縫製など、ひとつひとつの工程に時間がかかるため、月に生産できる財布はたった400個です。この難しい組み立てを実現しているのが、ラドウィックの職人技とクラフトマンシップ。職人がすべて手作業で仕上げる安心の製品です。

10年使える品質を目指した


CATAe(カタエ)は「10年は使える」耐久性を目指して開発しました。

日本国内の職人が作る製品だからこそ、修理・メンテナンスが可能。長くお使いいただけます。


素材は、野生の「イノシシ」の革


素材には、日本の野生イノシシからとれた革を使っています。近年、猪の農業被害が全国で問題となっており、毎年60万頭が害獣として駆除されています。本来イノシシ革は耐水や耐摩擦性に優れ、牛革よりも軽量でキズに強いのが特長。人の手の油分がオイル代わりになるのでメンテナンス不要です。ジビエ革とも呼ばれ、野性味のある独特の風合いが魅力。しかし、革の加工に手間とコストがかかるため、その多くが利用されず廃棄されてきました。

私たちはこのイノシシ革に注目し、「命を無駄にしない」というメッセージを込めて、財布の素材として利用しています。


イノシシ革

国産の野生のイノシシ皮をフルタンニン加工でなめし、手触りとツヤを高めた天然皮革を使用しております。猪革は軽量でキズに強く、人の手の油分がオイル代わりになるのでメンテナンスが不要。ジビエ革とも呼ばれ、野性味のある独特の風合いが魅力です。耐久性を高めるため丁寧に裏地をつけ、防水加工を施しています。

お手入れ:当製品のイノシシ革は基本的にメンテナンス不要な皮革です。自然の風合いと経年使用で手に馴染む過程をお楽しみください。

ご注意:野生イノシシ天然皮革を使用のため自然の活動でできた傷がある製品もあります。

日本国産の野生イノシシ天然皮革を使用しているため、表面に自然の活動でできた傷がある製品もあります。多少の傷は天然の証としてご了承ください。

できるだけ目立つ傷を避けて使用、製作しておりますが、多少の傷がある革も使用しておりますことをご了承ください。明るい色の財布ほど傷が目立つ傾向にあります。

All Made in FUKUSHIMAをミッションとして一つ一つを手作業で作り上げています。

CATAe - セット内容・製品仕様

セット内容
  • 本体×1
仕様
寸法:90×93×高さ 14mm(未収納時)
重量:42g
材質:イノシシ革(日本産 フルタンニン加工・防水加工)・綿布・紙製芯材・金属パーツ(ホック)
製造:日本
特許構造使用:シェアポケット(2021年5月取得・特許第6879604号)

おすすめ商品

前へ
次へ