商品カテゴリ一覧 > 右脳開発 > 速読トレーニングソフト 【ファミリー版】 速読 ファミリー版 日本速脳速読協会 速読訓練 速読術 速読トレーニング

セット内容・収録コンテンツ・特長

速読トレーニングソフト【ファミリー版】 - セット内容
  • トレーニング用ソフト(CD-ROM)
  • トレーニングガイド
  • ソフト操作マニュアル
  • ユーザー登録ガイド
  • 読書速度計測カード
速読トレーニングソフト【ファミリー版】 - 収録コンテンツ
※収録コンテンツは横書きで表示されます。
小中学生向け:だれ?(谷川俊太郎)/東・太郎と西・次郎(斉藤隆介)/とこやのいす(永井龍男)/ヒョウタン(梅崎春生)/クマゼミとタマゴ(梅崎春生)/ひさの星(斉藤隆介)/ユタとふしぎな仲間たち(三浦哲郎)/おじいさんのランプ(新見南吉)
高校生以上向け:山月記(中島敦)/よだかの星(宮沢賢治)/生活の探求(島木健作)/吾輩は猫である(夏目漱石)/複数の眼を(加藤幸子)/思ひ出(太宰治)/夜明け前(島崎藤村)/少年の悲哀(国木田独歩)
英文:AROUND THE WORLD IN EIGHTY DAYS
(他多数収録)
速読トレーニングソフト【ファミリー版】 - 特長
  • 小学生から社会人まで対応しています。
  • ユーザー登録が4名まで可能です。ご家族でのご利用をお勧めします。
  • 中学受験、高校受験の準備にも最適です。
  • 分速400文字(日本人平均の読書速度)からスタートして、分速 5,000文字以上を目指すことができます。
  • 従来の1文字ずつなぞる読み方から複数文字をまとめて捉える読み方を訓練します。(最終時の訓練表示速度は日本人読書速度の約25倍、分速10,000文字以上)  
    分速10,000文字は、訓練の画面上に表示される文字数なので、トレーニングを続ける事によって分速10,000文字の読書速度が身につくわけではありません。
※効果には個人差がございます。

商品パッケージ

ご購入はコチラ
速読トレーニングソフト 【ファミリー版】 [特典付] (速読 ファミリー版 日本速脳速読協会 速読訓練 速読術 速読トレーニング)

速読 ファミリー版 日本速脳速読協会 速読訓練 速読術 速読トレーニング速読トレーニングソフト 【ファミリー版】 速読 ファミリー版 日本速脳速読協会 速読訓練 速読術 速読トレーニング

おすすめ

商品番号 sokudoku-f

■現在の発送・在庫状況ご注文の際に発送予定日をお知らせ致します。

領収書が必要な場合はご注文時のコメント欄にてお申し付けください。

推奨動作環境

※タブレットではご使用になれません。タブレットモード不可の製品です。
※認定試験は付属しておりません。
対応OS: Microsoft Windows 8(32bit版・64bit版)タブレットモード不可/Windows 7(32bit版・64bit版)/Vista(32bit版のみ)/XP SP3以降(32bit版のみ)※いずれも日本語版のみの対応。※macには対応しておりません。
CPU: Pentium M 1.2GHz以上または同等のプロセッサ
メモリ: Windows 8、7、Vistaの場合:2GB以上/Windows XPの場合:1GB以上
ハードディスク: 500MB以上のハードディスクの空き容量
ドライブ: CD-ROMドライブおよびDVDドライブ
画面解像度: 1024×768ピクセル以上で表示可能な環境
画面サイズ: 14.1インチ以上
  • 1024×768ピクセルを超える解像度でご利用の場合、ご使用のディスプレイ・ビデオカードによっては上下左右に余白が表示される場合があります。
  • ウルトラモバイルPCでは一部、表示ができない場合がございます。
  • 以上はあくまでも「推奨」であり、これより低いスペックで動作することもあります。また、環境により推奨範囲であっても動作しない場合もあります。

価格48,600円(税込)

申し訳ございません。ただいま在庫がございません。


商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み

■速読トレーニングソフト

この速読訓練教材は、速読教室に通わずに自宅でパソコンを使って習得する速読教材セットです。日本No.1の速読訓練の実績を持つ株式会社ウィザス・グループ、SRJ、日本速脳速読協会が開発。今まで多くのテレビなどで速読の効果を紹介された実績ある速読訓練です。

速読術をどうしたら身につけられるのか、速読訓練のノウハウを分からない方でも、この速読教材だけで簡単に速読法を身につけられるよう設計され、速く正確に読める能力、読んだ内容を記憶する能力を身につけることを目的とした教材です。

そのため学校の成績アップやセンター試験、大学入試、TOEICなどで高得点を出すなどの実になる結果・効果が期待できます。忙しくて資格試験の勉強やスキルアップの勉強ができないビジネスマンや未成年(中学生、高校生、大学生)でも短期間で速読を効率よく学べます。

1200万部のベストセラー「頭の体操」の著者、多湖輝氏は『これからの子供たちにも大人たちにも、大いに期待できる知的武装術だと思う』と、驚きをかくせない速読トレーニングでもあります。

速読はアメリカでは学生から大統領まで幅広く活用されており、アメリカ大統領は、速読ができないと任務を果たせないという理由から、就任後は速読トレーニングを実践して処理スピードを高めるそうです。国内外から毎日送られてくる膨大な情報量に対する武装手段として、カーター元大統領や故ケネディー元大統領も速読を習得し、そのメリットを自伝に書いているほどです。

速読を身につけると学力向上だけでなく、速読記憶の向上、右脳開発、能力開発と自己啓発など、眠っている潜在意識を呼び起こし速読記憶で合格の方程式を得ることも期待できます。

日本速脳速読協会が開発した速読教材(セルフスタディー用)は3種類ございます。

  • 家族で4名までお子様から大人まで速読訓練ができる一般的な速読教材「ファミリー版
  • ビジネスに活かせる速読力を養える「ビジネス版

この速読トレーニングは多くのテレビ番組で紹介されました。その一部をご紹介します。

★「ズームイン!!SUPER」(日本テレビ)2010年6月9日放送
カリキュラムに速読を取り入れる塾が増え、中でも日本速脳速読協会の速読訓練ソフトを採用している市進学院の生徒は、英語の長文がスラスラ読めるようになったと、効果を実感していました。
★「とくダネ!」(フジテレビ)2010年3月18日放送
速読セルフトレーニングを開発した日本速脳速読協会の速読訓練ソフトを使用している市進予備校津田沼校が紹介され、「生徒の国語の偏差値が平均で約10上がった」「60分の国語問題を30分で解き終わった」など速読法の効果を紹介。
★「所さんの目がテン!」(日本テレビ)2009年10月24日放送
目がテンスタッフと速読セルフトレーニングを開発した日本速脳速読協会の速読家が、文庫本一冊を読むスピードと読解力を競いながら速読を解説。速読によって分析力や記憶力が高まることがわかり、瞬間視で特定のものを見つけ出せる能力も速読で高まる実験結果が紹介。
★「シャキーン!ザ・ナイト」(NHK教育テレビ)2010年1月13日放送
★「シャキーン!」(NHK教育テレビ)2010年1月20日放送
速読セルフトレーニングを開発した日本速脳速読協会の速読家を紹介。
★「あさイチ」(NHK総合)2011年11月29日放送
番組内コーナー「スゴ技Q」で、「どっちがオトク?速読vs遅読」というテーマにて取り上げる。短時間で家事のノウハウがしっかり覚えられる、偏差値が10アップ、東京大学合格率が飛躍的に向上、飛んでいる蚊を百発百中退治、時速150キロの球を打てるようになど、速読・遅読を生かした効果を紹介。速読・遅読の達人のノウハウやメカニズムを科学的に追及し、読書をきっかけに暮らしを変えるスゴ技を紹介。

テレビ朝日「やじうまプラス」の土曜版『やじうまサタデー』内の「やじサタ調査隊」で、当商品の速読トレーニングと速読の効果が紹介されました。同番組内でアナウンサーが速読訓練を行い、その場で読む速さが2倍になった映像が放映されました。

「エチカの鏡」(フジテレビ系)でも速読を紹介。「目を鍛えると脳が鍛えられる」というテーマで当速読教材を開発した日本速脳速読協会の会員様(市進予備校の生徒様)が取材を受けました。「エチカの鏡」では学習面の効果を上げるために、目のトレーニングを行っているとして取り上げられ、「目を鍛えて成績アップする予備校があった!目を鍛えれば運動神経もアップ!」など速読訓練の効果を紹介。目を鍛えれば脳が活性化して鍛えられることを学習、医療、スポーツなどをとりあげながら眼を鍛え、様々な分野で良い影響があることを紹介されました。

ニュース「ズームイン!!SUPER」(日本テレビ系)でも速読が紹介されました。「ズームイン!!SUPER」では「速読ブームを調査」というテーマで速読教室や学習塾での速読の導入実績を紹介。速読教材を開発した日本速脳速読協会の速読トレーニングを活用して、成績アップにつなげている市進予備校・市進学院や堀江スクールを紹介。インタビューを受けた生徒さんは「英語の長文読解もスラスラ読めるようになりました」と言っていました。

現在、全国1200ヶ所以上の予備校や学習塾、学習教室で日本速脳速読協会の速読トレーニング教材を採用しているとの情報もあり、速読が学習効率を上げる一つの手段になっていると考えられます。

テレビ東京「レディス4」の速読特集で、この速読教材の開発元である日本速脳速読協会さんの速読トレーニングが紹介されました。「レディス4」の番組テーマは「速読で脳を活性化、脳を若くする脳トレ速読訓練」でした。学習塾が速読を取り入れた例として塾「CGパーソナル二俣川教室」の速読講座の様子などを紹介。速読のメカニズム、小学生から社会人まで効果的に速読をマスターするには、という視点で解説されました。

「あさイチ」(NHK総合)では「偏差値が10アップ」「東京大学合格率が飛躍的に向上」という話題で当速読教材を開発した日本速脳速読協会の速読トレーニングを導入している学習塾が取材を受けています。

「所さんの目がテン」では、集中力の特集で、日本速脳速読協会の速読受講生が出演しました。