商品カテゴリ一覧 > 英語学習 > 英語手帳 2017年版 標準サイズ

英語手帳 2017年版 My Personal Plannerは、毎日使う手帳に英語を学ぶ機能がついて、1年後には「英語で話せる自分になる」をコンセプトにつくられた手帳です。スケジュール管理しながら英単語や英語フレーズを覚えられます。毎日英語に触れて単語や英語表現を覚え英語学習の習慣をつける、そんなあなたを応援する『英語手帳』です。

今まで英語手帳は、「手帳で英語力をアップさせる」「使うことで語彙力が自然とアップする手帳」として日経WOMAN、日経ビジネスAssocie(アソシエ)、anan(アンアン)などで紹介されました。

メディア紹介歴
テレビ・ラジオ
  • TBS「はなまるマーケット」
  • TBS「みのもんたの朝ズバッ!」
  • フジテレビ「めざましテレビ」
  • 東京MX「U・LA・LA」
  • TOKYO FM「坂上みきのエンタマックス」
  • TOKYO FM「Heart Sharing」
  • J-WAVE FM 「ブームタウン」
新聞・雑誌
  • フジサンケイビジネスアイ
  • 日経WOMAN(日経ホーム出版社)
  • 日経ビジネスAssocie(日経BP社)
  • an・an(マガジンハウス社)
  • SAY(青春出版社)
  • 雑貨カタログ(主婦の友社)
  • ダ・ヴィンチ(メディアファクトリー)

使い方

英語手帳2017年版にはあなたの人生を英語化するため「1年間のスケジュール」というテーマに沿ってエッセーや毎日の英単語、英語フレーズが掲載され、1年間を通して自分を表現するための英語のセリフを作っていきます。英語手帳を使って目標を達成するための計画的な学習、また自分を成長するため英語手帳には様々な工夫が施されています。

>>拡大

>>拡大

>>拡大

2017年版は「Words & Phrases」が新しくなりました。健康にまつわるフレーズを大幅に追加。英語で記入するのがより便利に、楽しく手帳をつかえるよう改善されました。

>>拡大

>>拡大

著者プロフィール

有子山博美(うじやま ひろみ)
英語学習コンテンツ制作、ときどきイラストレーター。神戸市外国語大学英米学科を卒業後、学習ソフト制作会社で数々の社会人向け英会話ソフトを企画制作。留学経験なしでTOEICテスト990点(満点)を達成するとともに、洋画や海外ドラマを使った「DVD学習」 で英語力を磨き、国産バイリンガルへと成長。現在は英語学習情報サイト「Romy's English Cafe」を中心に、育児に追われながらも、メルマガ、ウェブサイト、ツイッターを通じて英語学習関連の情報を提供している。著書に『英語手帳120%活用法』(IBCパブリッシング)、 『留学しないで、英語の超★達人!』『同僚に差をつける! 毎朝10秒の英語レッスン』(以上、中経出版)、『ネイティブが本当に使っている45の話せる英文法』(旺文社)などがある。
クリス・フォスケット(Chris Foskett)
豪アデレード大学法律学部卒。ユニバーシティ・オブ・サウスオーストラリア卒業。元弁護士。フォトリーディング・インストラクター。トニーブザン公認マインドマップインストラクター。認定ラフターヨガ・リーダー。ギャロウェイ認定ラン・ウォーク・ラントレーニングプログラムディレクター。NLP (神経言語プログラミング) や加速学習に精通し、そのノウハウを使った独自の英語学習メソッドで、ビジネスリーダーの英語能力向上の第一人者。2002年から神田昌典氏とのコラボレーションで「社長のための英語プログラム」を主催。現在は「ビジネスリーダー英語プログラム」を経営。ニューリーブズ有限会社社長。著書に『マインドマップ英語勉強法』(サンマーク出版) がある。
英語手帳の誕生秘話

出版社(IBCパブリッシング)編集部の黒坂様に当ショップ英語伝店長(菅野)が尋ねました。英語手帳が生まれたきっかけとは…、裏ワザって?

どんなきっかけでこの英語手帳が生まれたのでしょうか?

黒坂:仕事が始まる前の早朝や休日、カフェなどで英語を勉強している人をよく見かけ、自分の大切な時間をやりくりして、英語学習を続けている人たちを応援できるものがつくれないか!と考えました。手帳なら、いつでも持ち歩けるし、ちょっとした空き時間も利用できる!それに、いかにも「勉強している」感じがしない!そうだ!手帳に英語の勉強の機能をつけたらいいのでは?という思いから生まれました。

今までありそうでなかったですよね、こういった手帳は…

黒坂:なんといっても、365+アルファの単語を厳選することが一番苦労しました。でも多くのユーザー様から通常の手帳として、きちんと使えることが評価されていて学習になっているという感想を多くいただき本当に嬉しいです。毎月のエッセイが、くじけがちな英語学習意欲を維持してくれる効果があるようです。

この英語手帳を使った裏ワザなんてあります?

黒坂:裏ワザですか?毎日1つずつ英単語が記載されています。自分の誕生日はどんな単語か、占い感覚で見るのも楽しく、その単語も頭に残ります。大切な人の誕生日や記念日などの単語もぜひ調べてみてください。ちなみに私の今年のバースデイワードはneurotic(神経質な)でした(笑)この英語手帳は「勉強している」感じがしない、けど英語上達への秘訣が隠されています。いつも持ち歩いて学習を続ける応援をするのが一番の裏ワザ?ですかね。

聴き手:菅野(英語伝 店長)

私自身が以前から「英語手帳」ユーザーなのです。

私自身が以前から英語手帳ユーザーだったので、2017年版の英語手帳は「読んで終わり」ではなく、ユーザーの方に実際に「英語で書き込んでみよう」「このフレーズを会話で使ってみよう」と思っていただけるような、実践的な手帳になるよう工夫しました。

毎日英語で手帳や日記をつけることで、自分の日常生活にまつわる語彙が増え、英会話力アップにもつながります。英語手帳を毎日使って英語が習慣化されるよう毎月のテーマは「身近なこと」や「モチベーション維持につながること」を念頭に選び執筆しました。

2017年版は手帳へ英語で書き込みがさらにしやすくなった!

英語初級者でも手帳に書き込みしやすいよう参考になる英語フレーズで「予定+気持ち」「出来事+感想」「天気」に加え、「健康」にまつわるフレーズ集を追加しました。

私自身も英語手帳に英語で日記をつけているので、英語手帳2017年版は、自分の気持ちや感想を述べたり、健康状態を書き込んだりするためのフレーズ集「Words & Phrases」を増量しています。自分の状況にぴったりの単語を選んで空欄に入れるだけで英文が作れるので、初心者の方でも気軽に書き込みが始められるようつくりました。

最初は「Words & Phrases」内のフレーズの丸写しや英借文(すでにある文章を借りて、カスタマイズして英作文すること)で構いません。「Words & Phrases」から日々の予定や行動を表す語彙を選んで書き込み、自分の気持ちや感想を述べるフレーズ集を参考に一行プラスしてみてください。

1日の始まりや前日の夜に「予定+気持ち」を書き込んでもいいですし、1日の終わりに「今日の出来事+感想」を書き込んでもいいです。毎日5〜10分、ベッドの中や通勤電車の中で構いませんので、「2行日記」をつけてみましょう!毎日の予定や行動にプラスして、ぜひ自分の気持ちや感想を英語化してみてください。

2017年版は健康に関するフレーズを大幅に追加

実は私の母も英語手帳を使っていて、実家に帰ったときに、こっそりのぞいた母の「英語手帳」の中で、実際にフレーズ集を活用して英文を書いてくれていたのを見て嬉しくなりました。母が言うには、感想を書きたいときに、「Words & Phrases」内のフレーズ集が役立っているとのこと。それを聞いて、フレーズ集のボリュームを増やそうと思ったのです。

2017年版から追加された健康にまつわるフレーズ集は使えそうな単語をぎゅっと詰め込みましたので、まずは目を通してみて「使えそう」だと思ったものにマーカーを引き、ウィークリーページに書き込んでいただけたらと思います。

健康にまつわるフレーズは、実際の英会話でも役立つ場面が多いので、ぜひストックして自分で使える英語表現にしていただきたいです。。

英語日記はスキマ時間を利用して「心に残った出来事」を思いつくまま気軽に書く

私自身は、毎日英語で日記を書こうとして一時期しんどくなってしまったのです。そんな時、母が1週間の終わりに「その週のハイライト」的なイベントだけを2、3選び、「出来事+感想」の2〜3行の英語でシンプルに書いていたのを見て、「それでいいんだ」と思いました。今ではスキマ時間を利用して2、3日おきに「心に残った出来事」について、思いつくまま英語で書くスタイルにしています。

英語手帳の使い方のコツ 〜英語の書き込みを楽しむ〜

ちょっとした絵文字やイラストを入れたり、お気に入りのミリペンやスタンプ、シールなどを使うと手帳をつけるのが楽しくなります。「英語手帳」は余白も十分あるので、洋画や海外ドラマ、ペーパーバックなどで気に入ったフレーズに出合ったら、その都度書き込んでおきましょう。

日常生活の中で、ふと「これは英語で何て言うんだろう?」など疑問がわいたときも「英語手帳」に書き込んでおき、スキマ時間に調べるクセをつけるのもおすすめです。英語にまつわる気づきや疑問は一冊に集約して常に持ち歩くようにすると、1年後には思い出の詰まった「自分だけのフレーズ集」が完成します。

今の英語力を気にせず、英語手帳を使い倒してほしい!

現在の英語力に関わらず、英語が好きな方、英語で人生を豊かにしたいと考えている方に「英語手帳」はぴったりだと思います。私自身も英語手帳に日々の出来事や気づきを書き込んだり、ときには英語手帳に登場する単語やフレーズを使って英作文したりと、最大限活用するつもりです。ときにはその様子を私のTwitterでもシェアしたいと思います。一緒に楽しみましょう。

英語手帳2017年版は、標準サイズ(四六変形版)、ミニサイズ(文庫本サイズ)があります。

英語手帳2016年版標準サイズブラック
英語手帳2016年版標準サイズシャンパンホワイト

英語手帳 2017年版 標準サイズ

おすすめ

商品番号 eigotecho

発送と送料について

現在の発送・在庫状況:
完売しました。ありがとうございました。
領収書が必要な場合はご注文時のコメント欄にてお申し付けください。

英語手帳2017 標準サイズ - セット内容・製品仕様

セット内容
  • 手帳本体×1
  • 暗記シート×1
仕様
カラー:ブラック/シャンパンホワイト
判型:四六変形版
サイズ: 197×130×20mm
重量: 315g
ページ数:256ページ
見開き:1週間(月曜始まり)
素材・原料:カバー/ビニール
※2017年1月始まり

特別価格2,376円(税込)

申し訳ございません。ただいま在庫がございません。


商品についてのお問い合わせ
友達にメールで知らせる
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み

毎日使う手帳に英語を学ぶ機能がついて、1年後には「英語で話せる自分になる」をコンセプトにつくられた手帳です。